三平商会





End of Support 対象製品:IBM Security Network IPS

IBM Security Network Intrusion Prevention System
GX シリーズ

販売終了:    2016年10月28日(※1)
サポート終了:2021年10月28日


対象機器詳細はこちら
※1 機種によって異なる場合がございます(詳細参照)

   IBM Security Network Protection Appliance
XGS シリーズ

販売終了:    2018年01月03日
サポート終了:2022年12月30日


対象機器詳細はこちら


代替製品のご提案:McAfee Network Security Platform (NSP)

ネットワーク上の高度なマルウェアを検出し、ブロックする次世代の侵入検知/防止システム(IDPS)です 。単なるパターンの比較を超えた高度な検出機能とエミュレーション技術により、ステルス型攻撃を非常に高い精度で検出し、被害を未然に防ぎます。McAfeeの統合ソリューションによるMcAfee Global Threat Intelligenceから提供されるリアルタイムの脅威情報より、ネットワークに対する攻撃を迅速に検出し、的確な対応を行うことができるアプライアンスです。

対象機器詳細はこちら


  

McAfee Network Security Manager



NSPのログ収集やセキュリティポリシーを管理、レポート出力を行うIDPS管理マネージャーです。自社運用する際などに利用します。

マネージドセキュリティサービス



セキュリティオペレーションセンターにNSP機器の運用を委託するサービス。日々の運用からログの収集、レポート作成、セキュリティポリシーの策定、検知時の対応アドバイスなどセンターのセキュリティスタッフより各種サービスが受けられます。


IPSシステム移行の流れ

1.事前準備物

  

  • ・既存システムのコンフィグシート・ポリシーシート (※2)
  • ・ネットワーク構成図
  • ・ヒアリングシート (※3)

  

※2  製品が異なるためポリシーの完全移行はできません
※3 三平商会より事前のヒアリングシートの提出をお願いさせていただきます

2.移行のイメージ

  



運用支援メニュー

三平商会では、システム移行だけではなく移行後の運用支援のメニューもご用意させていただいております。

 

1.自社運用支援(オンプレミス環境)

 

自社でセキュリティ運用を実施されるお客様に対して、IPS 運用のご支援をさせていただきます。


◇支援メニュー例


2.クラウド運用(マネージドセキュリティサービス / MSS)

 

IPS 運用を外部に委託したい、セキュリティアナリストにアドバイスを受ける運用をご希望の場合は、MSS(マネージドセキュリティサービス)による運用をご検討いただいております。MSSでは、24時間365日、機器の管理運用および外部からの脅威に対して監視を行います。
当社はIPS運用の外部委託をご希望するお客様に対して、MSS SOC(セキュリティオペレーションセンター)のご紹介、ならびに移行から導入までご支援させていただいております。


◇支援メニュー例




■お問い合わせ先

三平商会 新規開発事業部
メール     newbiz@sanpei.co.jp
電話080-3575-7103
担当内山